こうわの湯 [大阪/西部/大正区]

 低張性のやさしい泉質のスーパー銭湯

▶ 単純温泉

源泉名:やまと温泉 / 湧出量:280L / 分
表記:単純温泉 ( 低張性 / 弱アルカリ性 / 温泉 )
液性:pH7.9 / 源泉温度:37.4度

海に近く阪神沿線からと同じようなやわらかい泉質が期待できる。

浴感 2.8

微かな色つきの温泉、若干のつる感、塩素もありで温泉としての浴感はそれほど無い。露天にはあつ湯42度程、炭酸泉は39度程につぼ湯二つが41度程の浴槽がある。

こうわの湯 公式ページより

あつ湯のほうから炭酸泉にビニールホースで温泉を引いており、その引き込まれた炭酸泉に至っては、どれだけ長く入っても泡付かない。溶け込んでいるタイプの炭酸泉かもだけど爽やか感が薄く、ほぼぬる湯と割り切った。露天では主につぼ湯を楽しむ。あつ湯とつぼ湯のみ温泉がオーバーフローしてたように思う。

内湯はジェット浴槽が豊富で大浴槽も41度と暖まってリラックスできる。内湯に関しては循環もよくオーバーフローが機能している。タワーサウナは80度程でカラカラ、水風呂は18度の控えめなので、年輩向けに使いやすいと思う。

カランは浴槽と離れた所にあり清潔感よし。脱衣場は床が木張りのみで逆にこちらも清潔感があって好みだった。掃除等も行き届いていた様に思う。

客層は老若男女で、見た目がガラ悪くて茶髪のヤンチャな人も相当多かったんだけど、温泉マナーは良かった感じです。

施設 2.0

一応スーパー銭湯であるため、一通りの施設はあるのだが、現在は食事、マッサージは休業準備中(噂では撤退)長く続いているようで、入る業者が決まっていないという状態かもしれません。散髪のほうは営業してるようだ。

館内は静かで、流れている音楽が昭和の歌で哀愁がある、個人的には好み。反面、この日だけかもしれないが、従業員は年輩の人だけで愛想や活気がなく全員が死んだような目でゆっくりと死人のように動いている。

21時を越えると、人の居ない過疎遊園地で感じる何かを感じとれる、食事コーナーは仕切りされており暗く、かなりのディストピア感が漂うスーパー銭湯と言える。この雰囲気は今だけかもしれないが、好きな人は好きだろう。

入浴料や営業時間等は公式ページで最新をご覧下さい

場所

天然温泉 こうわの湯│大正 | Osaka
みなさまに笑顔のおもてなし!「こうわの湯」は、温泉コンシェルジュです。 大阪の湯ったり空間・・・自然の恵みを街中で。

近隣のお勧め浴場

少し南下した所にくつろぎの郷 湯楽があります、ここは京阪神の温泉銭湯によくある微オイル臭、モール泉にちかい甘い香りでよく暖まる単純温泉。温泉の使い方が非常に良くスパセンではかなりのお気に入りの所。

湧出天然温泉 くつろぎの郷 湯楽
大阪市内・北加賀屋のスーパー銭湯、湧出天然温泉100%!良質なお湯を心ゆくまでお楽しみください。

太平のゆ なんば店も近い。こちらは木津市場と隣接しており、そこでは朝の5時あたりから13時頃まで飲食できるお店があります。朝の8時頃に来て市場で食べてからみたいな午前中がベストスパセン。

湯源郷 太平のゆ なんば店

空庭温泉 OSAKA BAY TOWER等もあり。こちらは混むという噂で足が遠のいていて、実はまだ訪れていない所です。

[公式]空庭温泉 | 関西最大級の温泉型テーマパーク
[公式]空庭温泉 | 関西最大級の温泉型テーマパーク

最後に

この先、こうわの湯はどうなってしまうんだろう、どうなっていくのか、という興味が出ているので、時折訪れてみたい気にはなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました