なにわの湯 [大阪/北部/大阪-北区]

大阪の天六近くの天然温泉施設 源泉風呂は掛け流し

▶ 炭酸水素塩泉 ▶ 塩化物泉

源泉名:天然温泉 なにわの湯 / 湧出量:360L / 分
表記:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 ( 低張性 / 弱アルカリ性 / 温泉 )
液性:pH不明 / 源泉温度:35.4度

なにわの湯 浴感 4.0

公式ページより

天然温泉の源泉浴槽は露天にあり6人程が入れるようになっている、肌触りはよくつるつるでしっとり、そして泡付きがちゃんとある。香りは少し焼き塩の具合がいい。この炭酸の泡付きは温泉成分表からは謎なんだけど、おとめ塚温泉もよく似た数値で泡付きがいい。

公式ページより

共に源泉注ぎ口から浴槽に流しているのだけれど、浴槽受けの具合と、注ぎ込まれる源泉の具合で二酸化炭素の発泡しやすい状況が生まれるのでしょうかね(具合でごまかす)、いや受け側に酢酸 的ななにかが・・いや、、わからん。

一通り揃った浴場になっていて全てのお湯の循環具合もよく全ての浴槽が綺麗になっている。昔にナノ泡ミルキー風呂だった所が高濃度炭酸泉に変わっていた。源泉浴槽以外は加水されたりですが一応温泉が使われていて、水風呂だけは温泉を使っていない。

公式ページより

サウナは一般的な90度で水風呂は18度程でよくある形だが、ロウリュウ等の余計なサービスをしてないのでサウナはカラッカラでそれがまた良い。

水風呂はバブルが吹き出しかなりの勢いで循環を行っているので綺麗。バブルが余計な濁りや不純物を見せない的なカモフラージュもあるのかもしれないが不快感がないのはとても良い事だ。

露天に日光浴などもできるし、冬場などもサウナの後に水風呂ではなく外気浴として体を冷やせるのもいいですね。

こうして温泉の使い方を丁寧に書いているのは好感触ですね。

なにわの湯 施設 3.0

なにわの湯は複合施設でパチンコ屋もあれば焼肉やもあるビルの最上階に位置する天然温泉のスーパー銭湯で、ビルの周りにはあまりなにもないが(うまいそば屋はある)。ここで全て完結できるような感じになっている。

ロビーは軽食をたべられる所や、本格的にゆう食家という食事施設もある。再入浴が不可能なのでご飯を食べてからお風呂に入るかその反対かを選ばないといけない。

「なにわの湯は銭湯形式です!」という割に値段がまったく銭湯価格ではないのがヤバイ。

それに国際化が著しく人も多くなった為か、2018年のリニューアルの際に岩盤浴のような長居が出来るようなものは無くなり、さっさと帰れ方式に。

客層は10数年前とは違い、本当に韓国&中国&英語圏と様々な感じになっていて、場内アナウンスも日本語、韓国語、中国語、英語と、同じ内容のものが4パターンで流れてくるのよ。

今回は特製鶏スキ鍋を食べてみた!ぼちぼちだが、これ他の色々なスパセンにも同じのあるんだよね・・

なにわの湯には「ゆう食家」というお店が入っていて、2012年頃はなにわの湯とセット食べる感じでよく訪れたんですが、ある時期にメニューが全く違うものに変わってしまった(チェーン店みたいな当たり障りの無いものに・・)。

コストダウンか簡素化かしらんが本当にショックでそれ以来足が遠のいてしまった。昔はなめろうのお茶漬けとか、膳物には土瓶蒸しがついてたりと、お出汁も美味しかった。当時の食事メニューは食べログにのってたのでご参考に。 チキショー

良い湯を求めて三千里~。な、なんじゃこりゃ\(◎o◎)/!(焼肉マスター)-ゆう食家 天神橋店
良い湯を求めて三千里~。な、なんじゃこりゃ\(◎o◎)/!
なにわの湯のお食事処です。風呂上りに速攻で美味しい料理とお酒が楽しめる良店です。(kazuchi)-ゆう食家 天神橋店
なにわの湯のお食事処です。風呂上りに速攻で美味しい料理とお酒が楽しめる良店です。

なにわの湯 場所

なにわの湯
天神橋筋六丁目駅すぐ!【天然温泉なにわの湯】露天風呂は、まるで空に浮かぶ休憩所。源泉かけ流しの天然温泉・お食事・エステ・マッサージ。なにわの湯で日ごろの疲れをとり、自分にちょっとしたご褒美を与えてみては。

なにわの湯 近隣のお勧め浴場

スパセンですと「あるごの湯」があげられます。ここは岩盤浴施設のほうはかなり良いですね、高温湿度無しの釜と、ロウリュウの湿度ありの釜が用意され沢山汗をかけます。

あるごの湯|温泉・露天風呂と本格チムジルバン(大阪・三国)
大阪・三国に本格チムジルバンが楽しめる『あるごの湯』OPENしました。川を見晴らす展望風呂や7種類のチムジルバンを家族・恋人・友人とお楽しみ下さい。

銭湯ですと野里の湯が天然温泉を使った掛け流しを楽しめます。

最後に

ダメとは言わないけれどインバウンド客が著しく、ゆったりの癒やしから離れた感あり。泉質はいいけど再入浴がダメなのなら、他のゆっくり出来る銭湯価格の天然温泉に行くよねという感想であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました